史上最悪のギャンブル映画3選

Uncategorized

ギャンブルがテーマの映画は、NetflixやHuluを利用している方でも、時々映画館に行って映画を観ている方でも、探せばすぐ見つかります。

日本でギャンブルやカジノを楽しんでいる人であれば、多くのアメリカ人や世界の他の国々でも人気の高いこのジャンルの映画をご覧になっていることでしょう。映画評論家の間で話題になった映画は数多くありますが、流行の波に乗るために名作のおこぼれをもらおうと作られた駄作も多数あります。

そのため、期待外れの作品も少なくありません。一般的に、キャストが映画に適していない、脚本がお粗末、監督の力不足のような理由があると、映画は酷評されます。

また編集スタッフに原因があることもあるでしょう。

日本で、流行りに乗って作られた映画がヒットするとは限らないというのも納得できます。世界で多くの人がギャンブル映画に夢中になっているにもかかわらず、お粗末な映画が多いからです。

ここでは、実際に映画を観た人や映画評論家が「史上最悪のギャンブル映画」と評価する3つの映画をご紹介していますが、これら以外にもさらにひどいギャンブル映画が数多く存在するため、よく吟味してから鑑賞されるとよいでしょう。

1- Deal(ディール)

ディール』が素晴らしい映画だと言うのは、たぶん言い過ぎでしょう。

演技には不自然さが感じられ、脚本にも粗雑感があります。元カードプレーヤーのトミー・ヴィンソン(バート・レイノルズ)は、妻を殺すと脅され数年前にポーカーから足を洗っていました。

ロースクールを卒業したアレックスは、父親の会社の準社員として働くことに不満を抱きながらも、同時にプロのポーカープレイヤーとしての頭角を現していきます。アレックスは有望な新人ポーカープレイヤーとして著しく成長していきます。トミーはアレックスのコーチになることを申し出、取引を持ちかけます。アレックスがトミーの指示に忠実に従う限り、トミーがポーカートーナメントの参加費を支払うというものです。アレックスはトミーにイカサマの仕方など様々なテクニックを教え、全て順調に思えましたが、ある時ミスをしてしまいます。

2- Lucky you(ラッキー・ユー)

ドリュー・バリモアとエリック・バナ主演の『ラッキー・ユー』という映画をご紹介します。この映画の主人公ハック・チーバー(エリック・バナ)は、ハイステークスポーカーの世界ではトップクラスの実力者です。しかし、他の分野ではそうはいきません。

プライベートの人間関係においては厳格で閉鎖的なところがあり、気持ちを共有したり長期的な関係を構築したりすることを避けているように見えます。

チーバーは、幼い頃にチャックと母親を残してポーカー界のレジェンドとなりました。劇中では、父と息子の間の争いが描かれています。チャックはポーカーを通して人生についての貴重な教訓を得ますが、チーバーも同様に息子から学びを得ます。

3. 3000 miles to Graceland(スコーピオン)

『スコーピオン』は、エルビス・ウィーク中のラスベガスを舞台にしています。ラスベガスのストリップ通りは、エルビスに扮した野心溢れる男たちの群れで埋め尽くされていました。エルビスのコスプレをした人達の中に、ギターケースにマシンガンを入れて持ち歩いている5人の男たちがいました。 強盗の最中に仲間を一人失った主人公は、強奪した金を分け合ってマネーロンダリングを始めることにします。あまりに多すぎる銃撃、流血、殺人のせいで、何の映画だったのか分からなくなります。

Leave A Comment